名古屋城といえば金のシャチホコです

江戸時代に徳川家康が名古屋に築いた城跡が現在も残っています。明治になって多くの城が取り壊されましたが、現存している数少ない城です。現在の天守閣は再建されたものです。名古屋城は名古屋のシンボルでもあります。激動の時代を生き抜いてきたシンボルでもあります。創建当時の名古屋城の大天守の屋根の上には、徳川家の威光を天下に表すためのものとして、金のしゃちほこが乗せられていました。しかし、大火や戦争による消失などで現在のしゃちほこは復元されたものです。名古屋市民にとっても大事な財産となっています。名古屋城は交通の要所でもあります。江戸時代には大きな意味を持っていました。徳川家による全国支配を目的とした役割がありました。西国ににらみを利かせる役割がありました。現在では名古屋城は市民の憩いの場でもあります。観光スポットとしても、家族連れでにぎわうことができる場所です。週末や土曜日に多くの市民がのんびりと日々を過ごしています。

観光には名古屋城本丸御殿がおすすめ

名古屋に観光に行った際はやはり名古屋城本丸御殿に行っていただきたいと思います。遠くからでもすぐにわかる立派な外観も然ることながら、見ていただきたいのはその内観です。その昔狩野派の絵師が描いた床の間絵や襖絵など、豪華絢爛な作品が多く展示されています。名古屋城本丸御殿は昭和20年に空襲で焼失しました。ですが現在、文献や実測図を元に復元作業を行っています。また戦災による焼失をまぬがれた作品は今でも大切に保管され、国の重要文化財として登録されています。歴史的な文化財としての価値も高い名古屋城ですが、観光地としても秀でています。お土産も充実しており、食品も名古屋城にゆかりのあるういろうや甜茶飴などがあります。食品だけでなくハガキや扇子、ライターやストラップなどもあり、様々な年齢の方へのお土産が揃っています。名古屋に行った際は是非名古屋城に観光に行っていただき名古屋の歴史を肌で感じていただけたらと思います。

名古屋城の歴史について

名古屋城の歴史についてですが、織田信長生誕の地である那古野城跡周辺に、徳川家康が息子義直の為に築城されたと言われます。以来、尾張徳川家の居城とされてきました。名古屋城の起源は16世紀の前半に、今川氏親が尾張進出の為に築いた柳ノ丸とされます。1532年に、織田信秀(信長の父)が今川氏豊から奪取し、那古野城と改名されました(ここが正式な名古屋城の歴史の始まりです。)。後にこの地に織田信長が生まれ、ここは彼の居城となりましたが、信長が清洲城に居城を移した為、ここは廃城になりました。そして関ヶ原の戦いの後に、徳川家康が1609年に、尾張徳川家の居城として名古屋城を築城しました。それと共に1616年に尾張の中心地は、清洲から名古屋に移されました。そして明治維新を迎え、14代尾張藩主の徳川慶勝は新政府に対し、士族の帰農資金として名古屋城の破却と金鯱の献上を申し出たが、1879年に山県有朋が、天守と本丸御殿の保存を決定した。1891年の濃尾大地震により、本丸の1部が倒壊、1945年の名古屋空襲で、本丸御殿、大小天守、正門、金鯱等が焼夷弾を受け消失しました。戦後三の丸を除く、城跡は名城公園になりました。そして2009年より、名古屋城の木造の本丸御殿の復元工事が行われています。名古屋城の歴史は、何度も姿を変えながらも約500年に渡り続いています。

名古屋城で行われるイベントについて

名城では、1年間に渡り数々のイベントが行われますが、順を追って紹介します。日本の名城パネル展(1月から5月)は全国城下有管理者協議会加盟の48の城のパネル展示が行われます。次に「名古屋城特別陳列、平成の復元本丸御殿障壁画復元模写展」です。これは2月から5月に行われ、玄関と表書院以外復元模写作品を展示しています。そして名古屋城春祭り(3月から5月)で期間中は各種イベントが行われ、3月から4月にかけては天守閣と夜桜のライトアップを楽しめます。それから本丸御殿玄関、表書院内覧会、重要文化財「西北隅櫓」特別公開が行われます。そして名古屋城まるはち博覧会、こちらでは当城に関わりの有る自治体の交流も行われます。夏になるとサマースクールや自然、昆虫展及び、名古屋城検定公開講座等が行われます。そして秋になると、名古屋城特別展、菊人形、菊花大会、茶席の一般公開等、季節感を味わう事が出来ます。そして冬は、新春初開聞、ウインタースクール、匠体験塾、つばき展等春夏秋冬を味わう事が出来ます。

名古屋城を観光してランチを食べたついでにちょっと脱毛

名古屋方面に旅行する際には素晴らしい名古屋城を観光して、おしゃれなレストランでおいしいランチを食べて、ちょっと一休みタイムを利用して脱毛サロンへ立ち寄り、旅の疲れを癒しながら、綺麗になってみてはいかがでしょうか。旅の途中の脱毛サロンって案外ステキな休憩場なんです。事前にネットで旅行先で利用したいサロンを色々探し気に入ったところが見つかったら電話で問い合わせをします。その時にカウンセリングも受けることができるのでとても便利です。旅行の途中で利用したいことや気になる箇所を相談し、コースを決めて時間の予約もしておくことがお勧めです。名古屋城近くにはゆっくりくつろげるサロンがたくさんあります。また名古屋 脱毛サロンはかなり綺麗なお店が多く、スタッフの対応も良いことで知られています。待ってる間、飲み物が出てくるところもあります。名古屋城の金のしゃちほこみたいにピカピカになって古えの魅力あふれる名古屋城下をゆっくりと散歩してみるとステキな旅になります。

名古屋城下を発祥とするおもてなし武将隊について

名古屋城下を発祥とするおもてなし武将隊については、結成後、地元マスコミは元より、全国でも注目され、そのコンセプトは各地にも影響を与え、一部の地自体では、似て非なるものも登場している。発祥のきっかけは地元名古屋城を中心とした観光PRと雇用促進対策が主とされ、当初はハローワークで募集の上、オーディションまで開かれたとされた。名古屋に関係する戦国武将6名のいでたちをし、更には足軽などを引き連れ、名古屋城を中心に観光案内や、寸劇、甲冑を着たままダンスパフォーマンスまで披露するという。これらの行為が「おもてなし」に値するかは、評価の判れるところであろうが、某国の元アナウンサーが国際会議の席で「オ・モ・テ・ナ・シ」と言う言葉を発し、挙句、合掌までしてしまったことを考えると、全世界に日本の「オ・モ・テ・ナ・シ」とは、合掌することと捉えられても、最早、取り返しはつくまいと感じる。我が国のおもてなしは、心の文化で、あくまで、さりげない心遣いであることを再考するチャンスと感じています。もし、欧米語に訳するならば、「ホスピタリティ」が一番適切であり、「合掌」は余計なパフォーマンスであったと言わざるを得ません。全国に広がるおもてなし(武将隊)が、単なる一種のパフォーマンスめいた流行ではなく、日本人固有の心の現れであることで、自然体で行われる行為であることと望みたいと思います。

このページの先頭へ